読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さしすせそ

社会人2年目。24才。

社会人2年目。責任が増えた。

2年目になってはや3ヶ月。

後輩の指導員も経験し、パートさんにも頼られるようになった。

先輩が春にひとり異動して、追加の人員が来なかった分、自分が任される仕事が一気に増えた。

だけどその分できることが増えた、とも思う。

逆に、いっぱいいっぱいになって、すぐイライラするようになってしまったのは反省点。

後輩を指導して思ったのは、自分が昨年先輩から怒られてたことの意味がよくわかるということ。

一年目だとどうしても仕事の優先順位がわからないし、教えてもらった仕事が“明日から自分が任される仕事だ”という意識を持ちづらい。
先輩から“この仕事やろう”って声をかけてもらわないと、自分からなかなか取り組んでいいのかわからない。

でも、先輩の立場としては、自分からもっと積極的に動いて欲しいと思ってしまう。
人員として頼りにしてるからこそ、怒ってしまう。


来年もきっと、6月までの後輩の指導はわたしの仕事だろうから、その辺は気をつけて指導していこう。