さしすせそ

社会人2年目。24才。

2015年を振り返って。

あっという間に大晦日。
今年を振り返ってみようかな。

今年はなんと言っても、大学を卒業して、働くようになったことが大きかったな。

学生の時は自分の思い通りには時間を使えたし、毎日東京の大都会に行って、同世代の友達とわいわい過ごしてたけど、そんな生活が一変。

朝早く起きて、会社に行って
働いて帰宅して夕飯食べたら1日が終わる生活、
自分の自由にできる時間も減った。
毎月のように資格試験もあった。

山のようにある仕事をこなして帰宅しても、家に帰ればまたすることがある。

まだ9か月くらいしか働いてないけど、それでも社会人の辛さがわかったし、それを何十年も続けて私を育ててくれた親に感謝の気持ちを持った。

仕事で怒られて会社に行くのが嫌になっても、必死に踏ん張って会社に行った日もあった。

その中で気づいたのは、嫌なこととか苦手な事は、嫌だとか苦手だと思いながらも繰り返しやれば慣れてきて苦手ではなくなってくるということ。

苦手なことから逃げずにやってれば、ちゃんとできるようになってるということ。

そして、少しずつ自分にできることが増えてきたら、会社に貢献できるようになった気がしてやる気が出てきた。

同期と飲んだり遊びに行くのも楽しかった。
自分と正反対の性格の同期で、仲良くなれるか不安だったけど、食べ物の好みとか価値観とか意外と似てることに気づいた。
尊敬できる面にもたくさん気づけたし、一緒に協力しあえるのが嬉しかった。

同期には本当に恵まれたと思っている。


プライベートでは、旅行にたくさん行った。
熱海、名古屋、箱根、金沢、台湾...

新幹線に乗りたくなってふらっと出掛けちゃうなんてちょっとリッチな生活もした。
これが社会人のパワーだ!!なんて浮かれたりもした。笑

箱根駅伝をきっかけに陸上観戦が好きになった。
コツコツ努力することのうつくしさ、
それぞれの想いを抱えながら走る姿に何度も心打たれた。

英会話に通い始めた。
英語がわずかながらも話せるようになって、仕事でも外国人のお客さんが来たときに対応を任せられるようになった。
自分の好きなことを極めてたら、道が開けるのかもしれないと思った。

来年は、仕事で後輩も入ってくるし、もっとしっかりできるようにしたいなあ。