読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さしすせそ

社会人2年目。24才。

1ヶ月を終えて。

お休みでちょうどゆっくり過ごせるので、1ヶ月間の振り返り。

毎日のように新宿とか大都会の華やかな場所に行ってた大学生の頃の日常には戻れなくて、地名を言っても、それどこ?と聞き返されるような場所で過ごしてて、ちょっと落ち込んだとともに、就活の時に何気なく言ってた「地域密着」という言葉の重みを感じた1週目。

学歴コンプレックスに悩んだ2週目。

でも、私が決めた居場所はここだから、ここでしっかりと頑張ろうと思った3週目。

自分を変えるためには行動するしかなくて、遠慮することが常に正しい訳じゃない、はっきりと堂々としている方が正しいことの方が多い、なんでもやってみようと気づいた4週目。

短いようで長い1ヶ月間だった。

そして、1ヶ月間指導担当の先輩と一緒に過ごすなかで、誰しも仕事で苦労して嫌になったときがあって、でも、それでも、逃げずに少しずつ少しずつ努力を積み重ねて今まで来てるのだと感じた。

嫌なことからすぐ逃げてしまう私にとって、辛いことから逃げないというのは最も自分がしなくてはならないことだと思ってるから、社会人としてきちんと向き合っていく。

目先に辛いことがあっても、堂々とした態度で望み、絶対に逃げない。

この場所で私は頑張ります。